トップイメージ

売却するバイクをどの程度修理・洗車するか

中古バイク買取査定を依頼しようとする時には、できるだけきれいな状態で売った方がよいと思うでしょう。確かにきれいで状態の良いバイクほど高く売れるのは事実です。しかし、気合いを入れて直前に洗いすぎるのは禁物。特に砂埃のひどいバイクなどは、洗えば洗うほど傷が増える事があります。ひどい砂埃が付いている場合、それを水で流すだけでも傷がつく事があるのです。さらに、ワックスなども適切なものを選ばなければ研磨剤などが入っており、それで傷がついてしまう事があります。

やり過ぎは修理に関しても同様です。特に、転倒や事故によるひどい傷やへこみなどの場合は、隠そうとして手を尽くすかもしれません。しかし、どんなに上手に修理しても、大抵査定員はちゃんと傷があったことを見抜いてしまうのです。また、その場で査定員が分からなかったとしても、後で転倒歴や事故歴があった事が判明すれば、虚偽の申告をしたことでトラブルになるケースもあります。ですから、無理して修理したり、事故歴があるのにないなどとうそをつくよりも、正直に査定員に話してしまった方が結果的に良いと言えるでしょう。

中古バイク買取査定の場合、バイクは改造されているものよりもノーマルな状態の者の方が高く売れる傾向があります。しかしバイクを改造している場合も、自分でノーマルに戻して売るより、ノーマルパーツをしっかりと取っておき、中古バイク買取査定の際に提出するという形をとったほうが得策でしょう。

メニュー

ページトップへ
Copyright (C) 中古のHONDA(ホンダ)バイクの買取査定 All Rights Reserved.